日本キリスト教会 小倉教会

聖書のメッセージ

 婦人たちが行きつかないうちに、数人の番兵は都に帰り、この出来事をすべて祭司長たちに

報告した。(11節)
 

                                                         マタイによる福音書 28章11節~15節


 主イエスの墓が空っぽになっていることを見張りの番兵たちはユダヤ評議会(サンヘドリン)

に属する祭司長たちに報告しました。そのとき、祭司長たちは、主の弟子たちが主イエスの

遺体を盗み出したという虚偽のうわさを流すように命じ、兵士たちに多額の金銭を与えたという

ことが記されています。虚偽の証言をさせることでユダヤ当局者たちは罪の上塗りをしたの

です。

すなわち、陰謀によって無実の主イエスを捕縛し、不正な裁判を経てピラトに引き渡し、十字架

につけて殺すように仕向けたのです。しかし、どんなに神の御心に反することを企て実行しよう

とも、神の力によって復活された主イエスに打ち勝つことはできないのです。

 私たちも日々の生活の中で偽りを口にせず、沈黙の意義ということにも心を向ける者であり

たいと思います。ひたすらに主のご栄光を仰ぎつつ生きると真実を大切にして生きる者へと

聖化されるのです。